aka) Author: Christian Davén Version: 2.0 Author URI: http://www.daven.se/usefulstuff/ */ # adds an options page to the options menu function SUP_add_options_page() { if(function_exists("add_options_page")) add_options_page("Smart Update Pinger", "Smart Update Pinger", 5, basename(__FILE__), "SUP_show_options_page"); } # shows the options page function SUP_show_options_page() { $ping = get_option("SUP_ping"); $uris = get_option("ping_sites"); $pingservicesnow = "今すぐ ping を送信!"; if(isset($_POST["ping"]) && $_POST["ping"] == $pingservicesnow) { SUP_log("手動で ping を送信中 ..."); SUP_ping_services(); } elseif(isset($_POST["submit"])) { $uris = $_POST["uris"]; $ping = 0; if($_POST["ping"] == 1) $ping = 1; update_option("SUP_ping", $ping); update_option("ping_sites", $uris); echo '

設定を保存しました.

'; } $checked = ''; if($ping == 1) $checked = 'checked="checked"'; echo '

ping 送信先のサーバ

以下に登録されている ping サーバへは記事を投稿する際,自動的に ping 送信や更新通知がなされます。WordPress が通常行うような,以前書いた記事の編集時ではありません

注意: このリストは オリジナルのアップデートサービスリストと同期します。.

複数サーバを登録する際は改行で URI を分けて下さい

Ping 送信ログ

このプラグインのログです(下に行くほど新しいログです)

'.SUP_get_last_log_entries(20).'

'; } # telling WordPress to ping if the post is new, but not if it's just been edited function SUP_ping_if_new($id) { global $wpdb, $post_title; if(get_option('SUP_ping') == 1 and get_option('ping_sites') != "") { # fetches data directly from database; the function "get_post" is cached, # and using it here will get the post as is was before the last save $row = mysql_fetch_array(mysql_query( "SELECT post_date,post_modified FROM $wpdb->posts WHERE id=$id")); # if time when created equals time when modified it is a new post, # otherwise the author has edited/modified it if($row["post_date"] == $row["post_modified"]) { if($post_title) SUP_log("Pinging services (new post: “".$post_title."”) ..."); else SUP_log("Pinging services (新規の記事の投稿) ..."); SUP_ping_services(); # Try commenting the line above, and uncommenting this line below # if pinging seems to be out of order. Please notify the author if it helps! # generic_ping(); } else { if($post_title) SUP_log("NOT pinging services (“".$post_title."” の設定が変更されました)"); else SUP_log("NOT pinging services (記事が編集されました)"); } } else SUP_log("NOT pinging services (管理者が ping 送信を無効にしています)"); } # More or less a copy of WP's "generic_ping" from functions.php, # but uses another function to send the actual XML-RPC messages. function SUP_ping_services() { $services = get_settings('ping_sites'); $services = preg_replace("|(\s)+|", '$1', $services); // Kill dupe lines $services = trim($services); if ( '' != $services ) { $services = explode("\n", $services); foreach ($services as $service) SUP_send_xmlrpc($service); } } # A slightly modified version of the WordPress built-in ping functionality ("weblog_ping" in functions.php). # This one uses correct extendedPing format (WP does not), and logs response from service. function SUP_send_xmlrpc($server = '', $path = '') { global $wp_version; include_once (ABSPATH . WPINC . '/class-IXR.php'); // using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path)); $client->timeout = 3; $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version; // when set to true, this outputs debug messages by itself $client->debug = false; $home = trailingslashit( get_option('home') ); # the extendedPing format should be "blog name", "blog url", "check url" (whatever that is), and "feed url", # but it would seem as if the standard has been mixed up. it's therefore best to repeat the feed url. if($client->query('weblogUpdates.extendedPing', get_settings('blogname'), $home, get_bloginfo('rss2_url'), get_bloginfo('rss2_url'))) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました (拡張フォーマット)"); } else { # pinging was unsuccessful, trying regular ping format if($client->query('weblogUpdates.ping', get_settings('blogname'), $home)) { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が成功しました"); } else { SUP_log("- ".$server." への ping 送信が失敗しました。 以下のエラーメッセージが返されました: “".$client->error->message."”"); } } } $post_title = ""; # Receives the title of the post from a filter below function SUP_post_title($title) { global $post_title; $post_title = $title; return $title; } # ----- # Log stuff $logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log"; # for debugging function SUP_log($line) { global $logfile; $fh = @fopen($logfile, "a"); @fwrite($fh, strftime("%D %T")."\t$line\n"); @fclose($fh); } function SUP_get_last_log_entries($num) { global $logfile; $lines = @file($logfile); if($lines === false) return "Error reading log file (".$logfile."). This could mean that the wp-content directory is write-protected and no log data can be saved, that you have manually removed the log file, or that you have recently upgraded the plugin."; else { $lines = array_slice($lines, count($lines) - $num); $msg = ""; foreach($lines as $line) $msg .= trim($line)."
"; return $msg; } } # ----- # adds a filter to receive the title of the post before publishing add_filter("title_save_pre", "SUP_post_title"); # adds some hooks # shows the options in the administration panel add_action("admin_menu", "SUP_add_options_page"); # calls SUP_ping whenever a post is published add_action("publish_post", "SUP_ping_if_new"); # calls SUP_ping_draft when changing the status from private/draft to published # add_action("private_to_published', 'SUP_ping_draft'); # removes the "WordPress official" pinging hook remove_action("publish_post", "generic_ping"); # activates pinging if setting doesn't exist in database yet # (before the user has changed the settings the first time) if(get_option("SUP_ping") === false) { update_option("SUP_ping", 1); } ?> セミナーズ・ビレッジ » Mac版 skypeの使い方

Mac版 skypeの使い方

Filed under: — hilack111 @ 9:01 AM

Mac版 skypeの使い方

まずは下記リンク先から最新版のgoogle chromeというブラウザをダウンロードしてください。

google chromeのダウンロードはこちらから
ここから先の作業はchromeを使った方法を説明しますので、chromeを通常使うブラウザに設定してください。

Skypeのダウンロード&インストール

chromeで下記のリンク先を開き、最新版のskypeをダウンロードしてください。
skypeのダウンロードはこちらから

ヘッドセットを使う場合は、PCに正しく接続しセットアップしてください。
※内蔵のスピーカーとマイクを使われても構いません。

(1)下記の画面になったら「今すぐダウンロード」というボタンを押します。
skypeのダウンロード画面

(2)画面左下の「保存」というボタンを押してください。
skypeの保存

(3)画面右下の「ダウンロード」というアイコンを右クリックし「”ダウンロード”を開く」を選択する。

(4)skypeのファイルをダブルクリックしてください。

(5)SkypeのアイコンをApplicationsにドラッグ&ドロップで入れてください。

(6)画面右下の「アプリケーション」をクリックして開き、Skypeのアイコンをダブルクリックしてください。

(7)開いたウインドウの「開く」ボタンを押してください。

(8)開いたウインドウの「新規アカウントを作成」ボタンを押してください。

(9)開いたウインドウに必要事項を記入し、左下にあるチェックボックスにチェックを入れたら「作成」ボタンを押してください。
※氏名以外は、半角英数字でご記入ください。
※ここで設定した「Skype名」を教えてください。

(10)住所と性別、可能なら写真の設定をして、「完了」ボタンを押してください。

(11)「新機能」と「通話の発信」をクリックして説明を読んだら「設定」ボタンを押します。

(12)使用するスピーカー、マイク、webカメラを選択したら、「完了」ボタンをおしてください。

(13)Skypeの画面が開きますので、ダイヤルパッドを閉じてください。

テスト通話のやり方

(1)Skypeテスト通話をクリックしてください。

(2)発信ボタンを押して通話を開始してください。

(3)英語のアナウンスが終わるとマイクテストのための録音が始まります。
何かしゃべってください。
10秒ほどで録音が終了し、その後自動的に再生されます。
ここでスピーカーとマイクのテストをしておいてください。

コンタクトを追加する方法

(1)コンタクトとは電話帳機能のことです。
相手とSkypeを利用するためには、まずコンタクトに追加しなければなりません。
そこで、相手の「Skype名」もしくはSkypeに登録してある「メールアドレス」を聞いておきます。

(2)左サイドバーのコンタクトにある「すべて」をクリックし、画面右側の「コンタクトを追加」ボタンを押してください。

(3)コンタクトに追加したい相手の「Skype名」もしくはSkypeに登録してある「メールアドレス」を記入し、「検索」ボタンを押してください。

(4)検索して表示された相手の「追加ボタン」を押します。

(5)相手へのメッセージを記入したら、「送信」ボタンを押してください。

(6)これでコンタクトの登録および相手への登録申請は終わりです。
まだ相手のステータスが「?」になっていますが、相手も登録してくれれば通常の表示となります。

(7)相手も登録してくれて、ステータスが通常表示になりました。

相手からのコンタクト登録申請を受ける方法

(1)左サイドバーに表示される「?マークの相手」をクリックしてください。

(2)登録申請を受ける場合は「許可」ボタンを押してください。

(3)相手のステータスが「?」から通常表示変わります。

かかってきた通話を受話する方法

「着信通話」というウインドウが表示されるので、赤枠のボタンを押してください。
すると通話が開始されます。

通話中のSkype画面設定方法

(1)サイドバーを表示させるには、赤枠のボタンを押します。

(2)サイドバーが表示されました。
次は、チャット欄を表示させるには、赤枠のボタンを押します。

(3)通話中に相手の写真が表示されるエリアにカーソルをもっていくと、赤枠のコマンドアイコンが表示されます。
このアイコンを左から説明すると、通話に追加、画面共有など、ミュート、ボリューム調整、保留、ビデオ通話、通話終了。

Copyright©セミナーズ・ビレッジ 2014 All Rights Reserved.